ダイヤモンドをもっとよく知るために

ダイヤモンドの石言葉は純潔・清浄無垢・永遠の絆

ダイヤモンドの歴史

ダイヤモンドの性質と歴史

キラキラ光り、高級な宝石「ダイヤモンド」はどのようなものなのでしょうか。またダイヤモンドの歴史とはどのようなものでしょうか。それは世界で一番硬い鉱物です。そして実はもともとは炭なのです。ダイヤモンドは炭素の塊が深い地中の中のマグマによる高熱と圧力を受けてできた鉱石なのです。その鉱石が長年の地殻変動にさらされることによってどんどん地上近くに上がってきたのです。そしてその硬い鉱石が一番良く上がってきた場所がインドの川です。

しかし川にあるその硬い石は、特に光っているわけでもなく普通の硬い石でした。とはいえ希少性があるものでした。その後、15世紀ごろ「ダイヤはダイヤでみがけばいい」という研磨法がベルギーで発見されました。テーブルカットや、ローゼンツ・カットといったカット法が考案されたことによって反射率が高まり、輝きを増しました。それを宝石として王侯貴族たちが取り扱うようになったのです。イスラエルが古代のユダヤ人の交易の場となっていて、ユダヤ人たちは軽くて価値の高い宝石を珍重していました。そのユダヤ人たちがダイヤモンドの価値を見い出し、ダイヤモンドの流通に大きな役割を果たしました。

そして20世紀になり、人工ダイヤを作ることに成功しました。はじめは極小粒で高価なものでしたが、現在は本物よりは安く安定した品質の物を作ることができるので、工業用ダイヤとして使われています。ダイヤモンドが硬いのは炭素原子同士の結びつきが非常に強いからです。結合の間隔と方向がどの方向から見ても一定なのです。しかし一定の方向に向いて結合しているということは、逆にいえば、一定の方向に衝撃を与えれば割れてしまうことがあるということにもなるのです。

そのような「へき開性」がある鉱物ですが、鉄のように酸化してさびることもなければ溶けることもありません。日光や酸素に対しても動じることはなく、非常に高い安定性を持っています。それが永遠であるといわれる証なのです。宝石として認められるには4Cをクリアしないといけないのです。4cというのは重さや大きさを表すカラット、透明度を表すクラリティ、そして色のカラーと仕上げの評価のカットです。この4Cがすべて高い基準で満たされるダイヤモンドが宝石として認められます。そして4つの中のどれかが特に優れている場合は希少価値として認められる場合もあります。世界で最も硬く最も美しく輝くこのダイヤモンドに魅せられた人は数知れないことでしょう。

RECOMMEND

広告スペース

広告スペース

広告スペース