ダイヤモンドをもっとよく知るために

ダイヤモンドの石言葉は純潔・清浄無垢・永遠の絆

ダイヤモンドの品質

ダイヤモンドの品質について

ダイヤモンドを表す時に用いられますのが、4Cと呼ばれる言葉です。それはカラー、カット、クラリティ、カラットです。その中でもダイヤモンドの品質を表しているのが、クラリティと呼ばれる言葉です。クラリティはダイヤモンドの価値に大きく影響をしています。カラットと言いますのはサイズです。ですから、カラット数が大きければ大粒のものとなります。逆にカラット数が小さければ小粒のものとなるわけです。皆さんは大粒のものと、小粒のものどちらが良いですか。

そういう質問をしますと、断然大粒がいいという答えが返ってくるのではないでしょうか。ですが、ダイヤモンドの価値はサイズだけで推し量る事が出来ないのです。例え大粒であってもクラリティが低ければ価値は下がってしまいます。ですから、小粒のものでもクラリティが高ければ、大粒のものよりも価値が上であるという事が言えるわけです。 そういうふうに、ダイヤモンドの品質はクラリティによるところが大きいとされています。さて、そこまで重要視されますクラリティはどのようにして判断する事が出来るのでしょうか。それを知るためには、宝石についてもっと専門的に学ぶ必要があります。

では、クラリティについて学んでいきましょう。ダイヤモンドは他の宝石に比べて採取方法に違いがあります。他の宝石は地上で採取されるのに対して、ダイヤモンドに関しては地下の奥深くで採取されます。地下で少しずつ成長しているのです。宝石は地球上に存在する鉱物です。そのため、自然によりつくられた天然の素材であると言えます。そんな天然の素材であります、ダイヤモンドが地下の奥深くから莫大な労力を駆使して採取され、沢山の石の中からたった一粒だけの宝石が見つけ出されます。 クラリティを決めるのは、顕微鏡で覗くと見えるインクルージョン(内包物)や表面にできた細かい傷です。それらが無いものが素晴らしいクラリティとされています。ですから、そういうインクルージョンや細かな傷があるものは商品としてクラリティが低いとされるわけです。

 4C全てにおいて最高の品質であるとされたものは、高価なジュエリーとして加工されます。ジュエリーショップのショーケースにに並ぶ宝石たちの中でも、一際輝きを放っているのが、人の手により採取され専門の技術によって加工された特別な宝石なのです。ですから、大切な方のプレゼントとして選ばれているのです。

RECOMMEND

広告スペース

広告スペース

広告スペース