ダイヤモンドをもっとよく知るために

ダイヤモンドの石言葉は純潔・清浄無垢・永遠の絆

ダイヤモンドをもっとよく知るために

ダイヤモンドを買い取ってもらう時の不安解消と参考になる宝石買取サイト

たんすの中に眠っていて使わなくなったダイヤモンドをどのようにすればよいか迷っている人も少なくはないでしょう。買い取ってもらいたくても、持っているダイヤがどのように査定されるのかなどの不安があり、なかなか行動に移せないでいるとき、ダイヤモンドをもっとよく知ることでその不安も軽減されるのではないでしょうか。ダイヤモンドは4Cによって価値が決まります。4Cとはカラット、クラリティ、カラー、カットの4つの頭文字Cのことです。カラットとは石の重さです。1カラットは0.2グラムです。クラリティは石の透明度のことです。無色でもさらに透明度が高いものが価値があります。石の内容物がなく表面に傷がないものが最も価値があります。

カラーですが、ダイヤモンドは無色の用で実はやや黄色や茶色、またブルーやピンクがかった色が含まれているものが多いのです。最も価値があるのは無色のものです。カットは全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態から決まります。最も美しいカットはラウンドブリリアンカットと言われ、上部に光や輝きが集まっているものです。ダイヤモンドには購入時に鑑定書が付いてきます。鑑定書には4cについて詳しく記載されているので大切に保管されていることが大切です。

もし紛失してしまっていても、プロの鑑定士なら4cを鑑定することができるので大丈夫です。鑑別書というものもありますが、それはダイヤ以外のジュエリーについてくるものです。買い取ってもらう際に気になるのは、購入してからの年月や傷の有無でしょう。重要なのはダイヤモンドの4cです。そして劣化することのない宝石ですから、古くなるということはありませんし、世界で最も硬い鉱物なので簡単に傷つくこともありません。だから古い、傷などの心配はいらないのです。思い切って買い取ってもらおうと思ったときに参考になるのが宝石買取サイトです。高価なものを買い取ってもらうのですから信用ができる宝石買取業者を探さなければなりません。買取業者にも他のブランド買取業者とダイヤモンドだけに特化した買取業者があります。

それらのこともできるだけ事前に情報収集をして買い取ってもらうところを選びましょう。大事なことは、大切で高価なものだから、正確に鑑定してもらえる鑑定士が買取業者を選ぶことです。インターネットにはそれぞれの買取業者のホームページもあれば、買取業者の比較サイトや人気ランキングなどのサイトもあります。実際に買い取ってもらった人の口コミも掲載されています。それらを参考にして業者選びをしましょう。

What's New

2014/03/26
ダイヤモンドの歴史を更新しました

2014/03/26
絶対に傷つかないを更新しました

2014/03/26
絶対に傷つかないを更新しました

2014/03/26
その硬さがもつパワーを更新しました

2014/03/26
ダイヤモンドをもっとよく知るためにを更新しました

2014/03/26
天然と合成?区別の仕方を更新しました

2014/03/26
ダイヤモンドの品質を更新しました

2014/03/26
ダイヤモンドの歴史を更新しました

2014/03/26
絶対に傷つかないを更新しました

2014/03/26
その硬さがもつパワーを更新しました

RECOMMEND

広告スペース

広告スペース

広告スペース